FC2ブログ

お菓子日記帳

スイーツアートコンペティション2019 搬入編

大変お久しぶりです。
あっという間に1月が終わろうとしていてビックリしません??
いかがお過ごしでしょうか~?

スイーツアートコンペティションの記事を書こうと思いつつ・・・
搬入から帰ってきて、12月はオーダー制作でドタバタ、
そして搬出、ホッと一息付けるかな~、と思ったんですけど

数年ぶりのインフルエンザで年越し!Oh my・・・
まだまだシーズンですから、皆様もどうぞお気を付けて。




さて、作品です。
ジャパンの時の下段を使おうと思っていたので、上段を新たに作らなければいけません。
スイーツアート展の規定は高さ50㎝以下と決まっています。
で、下段を測ってみたら意外と高さがあって(無計画w)、上段は18cm程で納めなければいけないことが判明。
ということで、薄いボードに薄いケーキ、子供の妖精を。





いつものことですが、出発するギリギリまで作っていまして、
搬入で万が一壊れたりする前にとりあえず撮っておかなければ・・・と
(毎回そんなこと言ってますね、私)
朝4時頃の食卓テーブルの上、自然光も無し、背景もアレですけど









ブルーのドレスの女の子はジャパンの時のデザインとほぼ同じ
ポージングとお顔が違いますが








茶色のウサギ







紫のドレスの女の子
会場のライトでキラキラするように服と髪の毛にラメを散らしています。
今回、まぁいいかな~と持って行かなかったのですが、やっぱりラメと筆を持って行けば良かったかも(反省)。
搬入時に実際の照明の具合に合わせて調整できるので。







制作途中(坊主)







コンペティション10周年を記念して、過去の受賞作品をアーカイブ展示されるということで
有難いことに私にもお声掛けいただきまして、前年のくるみ割り人形を再びお持ちすることになっていて
持ち運び袋がもう一つ必要になると前々から分かっていたのですが
出発時間直前の明け方にミシンを踏むという・・・
ギリギリにも程があるでしょう 汗
間に合うんでしょうか~









どうにか完成。出来はともかく持ち運べればいいんです 笑
荷物が3つになってしまうので、今回はお義母さんにお願いして二人旅です。








帝国ホテルに到着
毎年楽しみにしているクリスマスツリー








搬入まで少し時間があったので1階のカフェで休憩。
徹夜明けの身体にフルーツティーが沁みます。









会場中央に飾ってあったジェリービーンズで出来ている額作品。
シックなカラーでとても素敵です^^









展示ケースに無事に設置完了!
荷物の重さ的にカメラを持ってくる余裕がないのでスマホで撮るのですが
明るさを下段に合わせると上が白飛びしてしまうし、上手く撮るのは難しいです(私がカメラで撮ったとしても腕がなくて上手く撮れる気がしません)。

上を向いているから大丈夫かな~、と思っていた下段の妖精の顔が照明で思いのほかホラーチックになってしまったのは計算外でした。
何度作っても難しい~・・・








ゼラチンの羽は光で透けていい感じです^^









くるみ割り人形も無事に設置完了。
この展示ケースの目の前のお店がお聞きしたら米子のお店とのことで
お店の方と少しお話を^^嬉しい偶然でした。








スマホ撮影なので、ツリーの上のドロッセルマイヤーおじさんもぼやけてしまいましたが
舞台袖から見ているような雰囲気の写真。

この作品は前年の搬出時にガチャガチャに壊れてしまったので→壊れ具合
修復跡が目立つところもあってどうかな~と思ったのですが
また沢山の方に見ていただける機会をいただけて大変感謝しています。
有難うございました。









搬入の翌日は新幹線の時間まで少し観光を。
行ってみたいと思っていたSHIBUYA SKY
○○と煙は~・・・ 笑
新国立競技場も見えますね!









角のスポットは写真撮影の順番待ちで長蛇の列でした。
私は並ばなかったけど、お天気良くて気持ちの良い場所でした^^
夜景もキレイでしょうね~。









貢茶!
タピオカ大好きだけどミルクティー苦手なので、これは緑茶だったか烏龍だったか(忘れた)
アロエも入れられるんですね~。ナタデココは迷ったけど入れず。
氷の量とか甘さのセレクトとかオプションとか、注文戸惑ったけどとても美味しいです。

行きたかったパン屋さんでパンを買ったりフラフラしていたらアッという間に新幹線の時間に。
ということで、今頃?ですが12月のスイーツアート展、搬入編でした。
搬出編は続けてすぐに←本当か

ここまで読んでくださって有難うございました。
ではでは~。




.
 

2020/01/28 コンテスト C0 T0  

ジャパンケーキショー2019 その③

前回から一ヶ月空いてしまいました。
続けて書こうと思っていたのですが、前回の記事を書いた後、ガッツリ体調を崩して寝込んでしまいまして(無理のきかないお年頃)
その後ちょっとオーダーが混んでいたので制作に精一杯で余裕なく~・・・
からの、ここ数年恒例の帝国ホテル出品準備、間に合うのか??
怒涛の(大げさ)11月が過ぎてしまったのでした。

一応無事に帝国ホテルの搬入から帰宅しまして、その話を・・・ですが
ジャパンの話を旅の記念にひとまず書いてしまおうと思います。


出発が10月13日だったのですが、台風19号が迫ってきており
ネットで台風の進路を見ながら制作していました。

搬入を手伝ってくれる母とも電話で何度も話し、近付くにつれ
「これは、コンペどころではないのでは・・・」
「災害の状況を考えたら出品を諦めるべきなのでは?」と迷いましたが、
行けるのであれば行こう、ということに。

12日は新幹線の運休が決まり、13日は安全点検が終わり次第運行
(間引き、遅れの可能性あり)
JRのホームページ更新をチェックして見つつ、ギリギリまで制作・・・
母も鳥取から佐賀に来れるか運行状況が当日朝まで不明。
(鳥取→福岡を高速バスで来た強者の母。私よりハードな行程を、本当にありがとう)




定刻通りバスが到着したとのことで、佐賀駅で母と合流。
出発です。




博多駅で新幹線に乗り(遅れなし)、ふと窓を見たら



ミッキーのラッピング新幹線だ!







軽めの鉄子な私ですが、軽過ぎて「そういえばミッキー新幹線あるって聞いたことあるな、出会えてラッキー!」っていうレベルで、全然詳しく知らない。
これでディズニー行くとか旅のテンション最高じゃない?と思いましたが
検索して画像を見たら車体がつばめでした。え??
九州新幹線なんですね。まさかの東京行かないっていう・・・





運行はするけど遅れるかもしれないし、もしかしたら途中までしか行けないかも、と思っていましたが、定刻に東京着でした。JRすごい。
前泊なのでコンペ搬入は翌日。
さて夕食どうしよう~。
宿泊は浅草でしたがせっかくなので?行ってみたかった日比谷にあるお店



添好運(Tim Ho Wan/ティム・ホー・ワン)へ。
「世界一安いミシュラン」と話題になった香港飲茶のお店です。














どれも美味しい!(説明の放棄)







東京2日目、搬入日の夕方からは関東に住む伯母と従兄弟家族と夕食を。
その席で母が「前々から電気ブランを飲んでみたいと思ってる」と。
何ですか?電気ブランって。→
ちょうど浅草だし、帰りに寄って飲んで行こうということに。


何度もお店の前を通っているはずなのに気にかけたことなかったなぁ。













左が電気ブラン、右がオールドです。
アルコール度数は30、40と高いですが香りが良くて飲みやすいです。
電気なんていうから痺れるほどカーーッとなるのかと思ったら全然そんなことはなく、甘くて女性が好きそうな感じのお酒でした。
どちらも美味しいけどオールドの方がスッキリしてて好きかな。







夕食でお腹いっぱい食べて飲んで、の後なのでおつまみは一皿。







3日目、昼間はシュガー友達とケーキショーを見て、夜は母とはとバスツアー
「華麗なる六本木金魚とグルメなビュッフェ」



夜の六本木をてくてく歩いて







お店に到着















とても楽しかったです!!(説明の放棄)







4日目、またまたはとバスツアーで日光へ。
父も母とは別で飛行機で東京に来てくれているので現地合流の家族旅行という感じです。



偶然、秋の大祭と重なっていて流鏑馬神事に出会えました。







ツアーには含まれていませんでしたがちょうどいいタイミングでちょっとだけ観ることができました^^







二度目の東照宮でしたが、やっぱり豪華さに驚かされますね~。
覗きこまないと見えないところまで細かく丁寧に装飾できる職人のみが携わることができたとガイドさんが説明されていました。
それはシュガーにも通ずるところがあるかも。
私はすっきりアッサリしたデザインが好きだから、足したくないなぁ、とつい思ってしまうけど
講評をいただくと「華やかさが足りない」と言われます。
もちろん足せばいいってもんでもないですが(笑)華やかなデザインができるセンスと技術を磨いていきたいです。







最終日 関東の友達が来てくれてケーキショーを見た後
ずっと行ってみたかったお店、蔵前にあるシノノメへ。




写真はお聞きしたらOKでした。ザ・映え!ですよね~。素敵な店内。







色々買いましたが、どれも美味しかったです。
特にラベンダーのパウンドが好きでした。







焼菓子を買った後は、二階の喫茶半月でお茶を。
楽しい時間をありがとう。また会おうね~。



その後コンペ会場に戻って4時~搬出。
6時10分発の新幹線に余裕で乗れるよね、と思っていたけど
ジャパンの規模だと部門別で順に並んで搬出受付なんですね、その後のタクシー待ち、結構ハラハラしました。
間に合ってよかった・・・ 汗

佐賀に着いたのは深夜0時過ぎ、とりあえず寝て、翌日午前中に母は鳥取に帰っていきました。
超絶ハードな協力依頼を引き受けてくれて、ただただ感謝でした。



取り留めのない感じですが、10月ジャパンケーキショー滞在中の色々でした。
12月突入、体調に気を付けて乗り切りましょう。
では、また!




.
 

2019/12/03 日々のこと C0 T0  

ジャパンケーキショー2019 その②

からの続きです

下段には妖精(大人)を。
今回の作品は、春のお花を沢山、そこに妖精を乗せたい
というところからデザインを考えていきました。




お花が多色で、土台のケーキがピンクなので、服は白に。
胸元のデザインのせいか、なんとなくモンロー風です。








制作途中(乾燥待ち)
妖精の耳を付けたけど、このあと髪の毛で隠れてしまいましたね。

本当はちょっと流し目にして妖艶な表情で作っていたのですが
乗せてみると若干怖いかも・・・ということで笑顔に作り直しました。

奥のPCは調べものではなく、YouTube再生中。
作業中はエンドレスでゲーム実況を流しています。
ゲームしたいのですが、性格的に中毒になってしまうタイプなので手を出していません。本当はRPGが大好き。
一度始めたら廃人確定・・・笑







妖精の羽はゼラチンで。
乾いていく途中で曲がるのですが、曲がり具合が読めなくてですね、
使うのは大小各4枚だけど、沢山作って左右のバランスが取れる2枚ずつを選んで使いました。








パフデザインの部分
型押しで模様を付けて、写真ではあまり分かりませんがパールパウダーをブラシでかけました。
派手に光るわけではないけど、型押しした模様がハッキリします。

ピントが合っていなくてボヤボヤですが、裾の絞りにはゴールドを塗って
小さなフリルにはラメのダストを振っているので、こちらは結構キラキラしています。

この画像に写っているボードが39cm。
底が40×40のケースで運びたいので(電車に乗ったり駅構内を持って歩くのに、これを超えると私には厳しい。そして50cm~はケースのお値段が3倍以上に・・・Oh!)
一番下に敷いたグリーンのボードはプチプチで包んで持って行き、会場で乗せました。








中段
上のケーキはピンクでカバーリングしてから、白のペーストでドレープを寄せながら包んでいます。
これまた写真だとあまり分からないのですが、うっすらピンクが透けるような透けないような(どっちだ)
でも、ただ白で包むのとは少し雰囲気が違うと思いますよ(本当か)。

下のケーキはマーブルに。
一発勝負で緊張しますが、マーブルのカバーリング好きなんですよね~。
このサイズのカバーは結構フォンダンを使うので、やり直しは痛いです 笑笑

アクリルのスタンドの周りにお花のリース。
ムスカリ・ビオラをメインに野の花っぽいアレンジ、フリージアを入れて下段と雰囲気をつなげてみました。
お花の下はランナウトでプレートを作って敷き、淵の絞りにはゴールドをペイント。
この角度では見えないと思いまして写真を撮ったんですけど







せめて箱から出しなさいよ、どんだけ面倒くさがり 笑
キャリーボックスの上を開けただけでスマホで撮ってみました。

この大きさの作品を飾れるスペースが我が家には無いので、持って帰った箱のまま置いてあります。
再びどこかで披露する機会はあるのか・・・








レースピース
上に絞ったアイシング、最後の最後に手が当たって壊してしまいまして。
ケーキをひっくり返して絞るのですが、リースを乗せてしまった後なのでひっくり返せない。
お花とリボンを外してやり直す?
でも数か所接着してしまっているし、割れて逆に取り返しのつかないことになるのでは・・・あぁぁぁぁ

しかもケーキ正面の真ん中あたりの部分なんです、ここが抜けてるとかありえないですよね、マヌケすぎる 汗
というわけで、ペーストを細く伸ばし、同じ形に組んで、軽く固まったところでアイシングで接着してみました。
それを接着する手も震えるし(隣まで壊しそう)、もう時間もないのに、ヤバイ、ヤバイ・・・
中央左が通常のアイシング、右がペーストです。
太さが違うし、不自然さは否めませんが・・・これが限界でした。
湿気でクッタリ倒れたりしないだろうか心配でしたが、その時はその時。
祈るしかありません。







やっと、上段です。
長いですがもう少しお付き合いいただけると~。

上の妖精(少女)、手には小さな花輪を。
この花輪を持たせたことによって、用意していた持ち運びケースに入らなくなるっていう 笑
3㎜くらい高さがオーバーして蓋が出来ない。
大きいサイズのケースを慌てて注文して、ギリギリ間に合いました、楽天さんありがとう~。

お花をケーキに直接刺してはいけないという規定があるのですが
ということは人形の足から出た竹串も刺したらダメよね?
なので足にワイヤーを数本通して足裏から鳥の足のように広げ、ペーストで作った薄い土台で挟んで接着して乗せ・・・
ダメだ、説明が下手で伝わりませんね。
もうちょっとスラリとさせたかったのですが、ワイヤーが見えてしまうのと、
倒れてしまうのではないかという心配で、なかなか逞しい仕上がり。








作業場にて。
実はこの蝶のところを正面に設定していたんです。
ですが、会場に設置した時に、やっぱりエクステンションの上の部分の歪みが気になって正面を変更しました。

ただ、そうすると今度はボードに巻いたリボンの継ぎ目が真後ろから少し手前に来てしまうという新たな問題が。
なので、少しでも目立たなくなるのではないかと、会場でリボンにアイシングを絞りました。
回転台は無いし(持って来たのにホテルに置いてきた)、テンパってるし!
手は震えるし曲がってるしサイズは揃ってないし!
果たして正解なのか分かりませんが~(色々と不正解だろう 笑)








人形のお顔は難しいですね~。
少し見上げる感じになるので(見る人の身長によりますが)
下から見た感じが可愛くなるように・・・ちょっと昭和っぽい?仕上がりな気はするけど 
大丈夫、髪の毛を付けたら可愛くなるはず、と信じて進みました。








今度は耳も隠れず^^








※オマケ※
ケーキを積んでいくと、少しずつ傾いてしまいがちです。
少しの傾きが重なって最終的には大きな傾きに・・・
そうならないようにiPhoneの便利ツールの水平器でその都度確認しています。
普通の(?)泡が動くタイプの水平器も持っていますが
iPhoneのほうが誤差を掴みやすい気がしますね~。








ポスター







受付ブース

初めてのジャパンケーキショー
搬入の時にこの受付を見て、テンションがボンッと上がりました^^
緊張で胃がキリキリ、身体はヘロヘロのボロボロで余裕は無かったんですけど
その一瞬は明るくて可愛くて、ワクワクしたんです。








銅賞をいただくことができました。有難うございました!

会場で素晴らしい作品を見ると自分の作品の粗が際立ちますし、反省点を挙げるとキリがないのですが、
今自分にできるベストを尽くせたのではないかと思います。

このサイズの作品を作ってみると、自分に技術もアイデアも足りないことを痛感しますね。
インプット、沢山必要です。正確性も磨いていきたいです。細かい作業は好きですが、根が雑なんですよね~。




作品について長々と書いてきましたが
東京旅の色々をあと少し・・・③に続きます。
ここまで読んでくださって有難うございました^^









 

2019/10/29 コンテスト C0 T0  

ジャパンケーキショー2019 その①

10月15日~17日 東京で開催されたジャパンケーキショー

いつかは出品してみたい、と思っていた大会ですが、
搬入日合わせて4日間、搬入当日に出発だとギリギリなので前泊・・・
5日間東京滞在か~。
ジャパンの作品は大きいので(小さくても出せますがね)一人では運べない。
そもそもジャパンのレベルに自分が達していない(大問題w)

と、「いつかは・・・」だったのですが
去年の夏に実家に帰省した時にケーキ関連のTVを見ていて
ジャパンケーキショーの話になり

母「あなたも出したら?」
私「サイズ的に一人じゃ運べないのよ~(その前にレベルが)」
母「運ぶの手伝ってあげるわよ」
私「え・・・マジで??」

実家は鳥取なので、まず佐賀に来て、新幹線で東京往復するんだよ?
本当に?手伝ってくれるの??
(この時、母はイマイチその大変さを分かっていなかった模様)

「・・・じゃあ、チャレンジしてみようかな」
「しなさい、しなさい」

ということで、初出品しました。





正面(ボードが入りきっていませんが)







後ろ側



初めての1メートル超えの作品(会場ではかなり小さいほうですが~)
やっぱりデザインのバランスをとるのが難しかったです。
制作期間も今までで一番長く、ずっと見ているとよく分からなくなってきて
まぁ良いような、全然ダメなような・・・
後半はメンタルがすっかり混乱してしまいました(いつもか)。




途中の記録を





スカビオサ
とても好きなお花なので作ってみたくて本を見ながら試行錯誤。
咲きかけが好きです。







これは







フリージアの花芯でした。
ブーケに動きを出してくれるお花。
沢山お花を作ったつもりでも組み上げるとたったの5本になってしまう(笑)







アネモネ
濃い花芯がアクセントになるかなと。







ムスカリ
これもひたすら小花を作っても、まとめるとたったの5本に(笑)







ビオラ
ムスカリに合わせたくて。







夏頃からお花を作り始めて、こんな感じでラックに下げてストック。
常に除湿機をかけているのですが、それでも雨の日にはお花が柔らかくなってしまうのでヒヤヒヤ。







メインの濃いピンクのイングリッシュローズから作り始めたのですが、
こうして並べてみると組む時のイメージを掴むのにいいかもしれません。
ダスティングを濃くしなおしたり、サブの花色を足したりしました。








ケーキ下段
スタンドを置いてから周りにお花を組んでいくのですが、なかなか難しかったです。







覗き込んだ時に、リース内側に「裏」感があまり出ないように・・・
お花を組みながら仮置きしてバランスを見るのですが
割らないように力を入れ過ぎて、手が何度もつりそうに。
花首が重いのでグルングルンしちゃうんですよね~。

お花を作るのは楽しいのですが、組むのは毎度緊張します。
気を付けているつもりでも沢山割ってしまいます。
「あ゛!」とか「きょえぇ~」とか声を上げながら組んでいます(笑)







写真がもう少しあるので、②に続きます~。





.

 

2019/10/20 コンテスト C0 T0  

メレンゲ

お盆も過ぎて暑さも少し和らいで・・・ない、暑いっ!暑いです。
みなさまお元気でしょうか~?

暑いのは変わりないですが、今日は少しだけ空気が変わった気がしました。
今年初のツクツクボウシの声を聴きましたよ、秋が待ち遠しい~。


さて・・・3か月ぶりのブログ更新なのですが
その間に珍しくイベントに出たりしました。
一つは何年ぶりかのマルシェ、一つは去年に引き続き友人と一緒に展示会を。

展示会にはアイシングクッキーももちろん持って行きましたが



メレンゲでプードルを作ってみました。
素朴で可愛い。
レシピはナンバーケーキのレッスンの時のものと同じなのですが
・・・って、自分のブログのナンバーケーキレッスン記事を探したんですけど
書いてないっていうね(汗)
インスタにUPするとブログ怠けちゃいますね、ブログをまめに上げている人、本当にすごいです。

で、ですね、レシピは同じなのですがサルタン口金で絞るのとは違ってボリュームがあるので
焼成時間3時間(長っw)







展示会の案内(これもブログに上げてないっていう・・・)はこんな感じで
データ作成も友人が素敵に作ってくれて。本当にありがとう~。








会場のプードル








ミニパウンド
なかなかクッキー以外の焼菓子を焼く機会は少ないですが
何を入れるのか組み合わせを考えるのも、生地を作る工程も、焼き上がりを待つ時間も大好きです。
今回は新生姜の甘煮とポピーシードを合わせました。







琥珀糖

乾かす前のキラキラした状態とか撮りたかったんですけど作業場だとうまく撮れないし
写真がコレしかない。

15年くらい前だったかな(米子駅の改札横に彩雲堂があった頃)初めて琥珀糖を買って
その時は「なんて可愛いお菓子なんだろう!」と思っていたのですが
2、3年前くらいですっけ、琥珀糖ブーム(?)が起きて
インスタのタイムラインが琥珀糖でいっぱいに・・・(基本的にお菓子関連のアカウントしかフォローしてないので)
自分で作れるの!?とビックリして私もその時に作ろうかと思ったのですが、見て満足してしまい(笑)
今回やっと!

何か味があった方が楽しいかな、と桃味と生姜味のミックスにしてみました。








久しぶりに作ったALICEシリーズ








会場としてお借りした吉野屋さんからリリィパフェの差し入れが!
すっかりお世話になった上にお心遣い・・・沁みました。
可愛くて、美味しい~。

お礼が遅くなりましたが、来てくださった皆様、吉野屋さん、本当にありがとうございました。







メレンゲをもう一つ。



バレエ公演の差し入れにメレンゲポップスを。
演目から魔法の杖をイメージしてみたのですが、モリモリ絞ってしまって杖というよりお花っぽい?








アラザンと銀箔シュガーでキラキラに。








裏側はこんな感じ(見たい人いないか 笑)








箱に詰めるとこんな感じです。

素敵な舞台にお招きいただきありがとうございました。






シュガーと全く関係ないんですが



ロゼット

クッキーとしては何度も作っているのですが、布で作ってみました。
うーん・・・・・めっちゃ楽しい!!!
夕食後に作り始めてしまって、夜通しチクチク(過集中)。
何かにハマると身体を壊すほど集中してしまう性質、子供の頃から変わりませんね。








バッグに付けたら可愛いかも。
このバッグは何年も前に作ったものですが、口のところに留め具を付けないとな~、と思いつつ付けないまま使っていて
今回の作業のついでにハトメを付けて紐を通し結べるようにしてみました。
紐の色で雰囲気も変わりそうです。








久しぶりに針を持ったら裁縫熱に火がついてしまって
ネックレスを一つ作りました。

やっぱり針仕事は楽しいですね^^
身体が二つあったらいいんですけど・・・




シュガーに戻ります(全然進んでない、ヤバイヤバイ!)





ここまで長々読んでくださってありがとうございました。
では、また~。




.
 

2019/08/17 アイシングクッキー C0 T0  

プロフィール

tottocake

Author:tottocake


小さなアトリエで 日々お菓子を作っています
     

最新トラックバック